預貯金口座の相続手続き

被相続人の預貯金の解約・名義変更には、相続人全員の署名と押印が必要になります。

1.期限
死亡後すみやかに

2.申請先
被相続人の口座がある金融機関の各支店

3.準備するもの
①金融機関の各支店の相続届
②被相続人の通帳・キャッシュカード
③被相続人の出生から亡くなるまでの戸籍謄本
④相続人全員の戸籍謄本
⑤相続人全員の印鑑証明
⑥代表相続人の通帳・届出印
⑦遺産分割協議書又は遺言書

被相続人が複数の金融機関に口座を持っている場合は、最初にすべての金融機関から相続届を取り寄せてしまいましょう。
相続人全員が集まる機会は中々ありませんから)

また窓口の担当者の中には相続手続きに不慣れな方もいらっしゃいますので、実際に手続きをする際にはある程度時間に余裕をもって金融機関に行ってください。
(その場で書類の修正を求められることもありますので、実印もお忘れなく・・・)

Follow me!